フリーランス

【実体験】未経験からフリーランスのwebライターになるには

こんにちは、カガネサトミです。

「まったくの未経験だけどフリーランスのWebライターになりたい。でもどうやったらなれるんだろう…?」

「やっぱり一度、企業にライターとして勤めるべき?」

と、疑問や悩みはありませんか。

 

文章の中で筋をとおすために、前提としてここでいうライターは、紙媒体ではなくWebで文章をかくWebライターを指すこととします。

 

そして、

・一度も企業でライター経験をしたことがない

・文章をかく経験といえば、日常生活で書くことくらい

というような、まったくの未経験からWebライターとして独立するためにはどうしたらいいかについて解説していきます。

 

なぜここまで前提をしっかりとお伝えするかといいますと、フリーランスとしてWebライターになるには、大きく2種類あり、

まったくの未経験から独立する

企業でライターや編集経験がある人が独立する

この2つでは、最初の行動が全然違ってくるからです。

 

この記事では、まったくの未経験から独立するための行動をステップ方式で解説します。

わたし自身、この方法で独立しましたので、参考になれば幸いです…!

カガネサトミ
カガネサトミ
じゃあいくよーー!

”Webライターになった”状態って、そもそもなに?

そもそも、「Webライターになりましたーー!」って言えるのって、どうなったらなんだ?と言いますと、結論からいいますと、「Webライターです!」と名乗った瞬間から、Webライターになれます。

これは極論ですが、実績など何もなくても名乗ってしまえばもうあなたはWebライターなのです…!

「いやいやちょっと待てや、それはいくらなんでも言い過ぎやろ」という声が聞こえてきそうですが…

Webライターになるために、資格取得や試験合格は不要です。

 

つまり、「私はWebライターです!」と言った瞬間に、Webライターになることができてしまうんです。

 

しかし、「Webライターになるにはどうしたらいい?」という議題に対して、

「名乗ればあなたも今日からWebライターです!(キッパリ)」

と結論づけてしまうのはあまりに無責任なので、未経験から、きちんと生活費を稼げるWebライターになるためには”を解説しますね…!

未経験からきちんと稼げるフリーランスWebライターになるには

ここでも結論から述べますが、未経験からだと「クラウドソーシングで修行を積んだのち、直接契約に移行」という形でフリーランスのWebライターになる方が多いです。

 

もともと人脈やコネクションがある場合は、クラウドソーシングを一切挟まないケースもあります。

 

ちなみに、クラウドソーシングサイトは、お仕事を受注したい人と発注したい人のマッチングができるサイトです。

サイトの利用者は、企業さんもいれば個人の方もいらっしゃいます。

 

クラウドソーシングサイトは、

・クラウドワークス

・ランサーズ

・シュフティ

・アナザーワークス

など、いくつか種類があります。

 

この中でも二大巨頭はクラウドワークスとランサーズ。

わたしはクラウドワークスをメインで利用していました。

クラウドワークスとランサーズが案件数も多く、サイト自体もすごく使いやすくなっていて、おすすめです。

 

↓クラウドソーシングに関してはこの記事を参考にしてみてください。

クラウドソーシングとは?在宅で月5万稼ぐために重要なことを解説

 

では、そのクラウドソーシングで、どんなふうに修行を積んでいけばよいのかを解説していきます。

クラウドソーシングで修行を積む。まずはタスク案件から

多くのクラウドソーシングサイトでは、「タスク案件」「プロジェクト案件」があります。

最初は、タスク案件からスタートしましょう。

タスク案件とは、たとえば

・引っ越しに関するアンケート

・ドラマや映画の感想を200文字で入力

・〇〇市に住んでみた感想

のような比較的簡単にできるお仕事です。

 

なぜタスク案件からかというと、クラウドソーシングサイトの使い方に慣れるためです。

どんな感じで進めたらよいのか、感覚を掴むためですね。

そこで、自分がどんなジャンルなら書きやすいのかを見極めることもできるでしょう。

 

タスク案件をやるのは、1~5件ほどで十分。

あくまで慣れるためなので、

「ふーん、こんな感じなのね」となったらすぐにプロジェクト案件に進みましょう。

 

あ、その前にプロフィールを整えましょう。

↓これはめちゃくちゃ大事なので、別記事で解説しますね。

 

プロジェクト案件に進む

タスク案件で感覚を掴み、プロフィールも整えたところで、いざ!プロジェクト案件に進みましょう。

 

プロジェクト案件には、「単発案件」「継続案件」があります。

 

単発案件はその名の通り、1記事納品したら終わり

継続案件は、複数回にわたって継続的に発注があるものになります。

 

最初は単発案件で、自分が書きやすいジャンルを見極めるのもひとつの手。

ただ、単発案件ということは、何回も提案文を書かなければならないので、時給が発生しない仕事に多くの時間を割かなければならないことになります。

 

わたしの場合は、

カガネサトミ
カガネサトミ
「あまり興味がないジャンルかも…でも文字単価は3円で単発の案件…試しに提案文送ってみるか…!」

カガネサトミ
カガネサトミ
「これは私も経験したことある仕事。文字単価は1円だけど、リサーチにそこまで時間とられないだろうし、継続案件だから提案文送ってみよう!」

などというように、『ジャンル×単価×単発or継続』の3要素をみて提案する案件を見繕っています。

 

また、最初のうちは文字単価にして1円以下の案件で実績を積んでみるのもおすすめです。

しかし、慣れてきたら最低でも文字単価1円(1000文字かいて1000円)以上の案件を狙っていきましょう…!

そうでないと、なかなか稼いでいくことができなくて挫折の原因になってしまうので…!

カガネサトミ
カガネサトミ
案件の選び方で悩んだり、迷ったりしたら、お気軽にTwitterのDMかブログのお問い合わせからご相談ください!全力でお力になります!

直接契約へ

クラウドソーシングを利用して、プロジェクト案件をこなせるようになってきたら、少しずつ直接契約へ挑戦していきましょう。

クラウドソーシングはとても素晴らしいプラットフォームですが、どうしても手数料がかかってしまう分、手元に入ってくる報酬が少なくなってしまいます。

ですので、フリーランスWebライターとして生計を立てていくのであれば、できれば直接の契約をとれるようにしていきましょう

 

では、どうやって直接契約にこぎつければいいのかというと、方法は大きく分けて3つ。

①メディアへ直接応募する

②ブログやSNSからお仕事をいただく

③「Webライター 求人」と検索する

それぞれ解説しますね。

①メディアへ直接応募する

企業さまとの直接契約をするには、Webメディアに思い切って直接営業をしてみるのが◎。

自分が気になっているジャンルや、得意ジャンルのメディアは多く存在します。

Webメディアの探し方は、ネットで「〇〇 メディア ライター」で調べたり、普段から見ているメディアを見てみたりしましょう。

〇〇に入るのはジャンルで、たとえば「食」や「美容」など。

緊張しますが、実績と提案文をセットでお問い合わせから送ってみましょう…!

②ブログやSNSからお仕事をいただく

実は、わたしはこのケースが多くなっています。

もともとTwitterで発信活動を行っているのもあって、DMからお仕事の相談をいただくことが多いです。

ただ、この方法は普段のわたしの発信を見てくださって連絡をくださるので、発信活動は地道に続けておくことがマストになります。

自分が書いていきたいジャンルについて発信したり、思いきって「お仕事ください!」とツイートしておくのもおすすめです。

③「Webライター 求人」と検索する

インターネットで「Webライター 求人」と打ち込んで検索をすると、IndeedやWantedlyで求人が出ていて、応募できます。

Twitterで「#ライター募集」と検索してみるのもおすすめです!

地味にいい案件が転がっていたり、思いがけない出会いがあったり。

求人情報を見るだけでも、どんなライターが求められているのかも分かってきて、めちゃくちゃ勉強になりますよ…!

 

これらの方法で、直接契約を狙っていきましょう。

とにかく「書く」ことで道は開ける

ここまで、まったくの未経験からどうやったら生活費を稼げるWebライターになれるのかについて解説してきました。

まずはクラウドソーシングで実績を積んで、そこからメディアや求人に応募をして直接契約へ進んでいくというステップをとるのがいちばんいいとお伝えさせていただきました。

 

しかし、実はクラウドソーシングサイトのみで生計を立てていらっしゃるフリーランスの方もいらっしゃいます。

ただ、月15万円以上稼いでいきたいとなると、やはり直接契約のほうが今後の仕事の繋がりもできますし、単価も高くなるのでおすすめしました。

 

未経験からですと、やり方はなんとなく分かっても、書くスピードが上がっていかないとなかなか思うように稼げません。

書けるようになっていくためには、とにかく実践あるのみ。

書いて書いて書きまくりましょう。

 

効率よく文章力をあげるためにおすすめな書籍の記事も載せておきます。
【文章力爆上げ本5選】フリーランスWebライターがおすすめするぞ!

すらすら書けるようになるまでには時間がかかりますが、一緒に頑張っていきましょう…!!